求人倍率8ヵ月ぶり県内最高 雇用情勢、堅調に推移 新規求人、大型連休で減 八重山職安

 八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)が5日発表した八重山地区の4月の雇用情勢によると、有効求人倍率は1.5倍(原数値、前年同月比0.11ポイント減)で、8ヵ月ぶりに県内で最高となった。1倍台は53ヵ月連続。新規求人数は428人(同14.4%減)で13カ月ぶりに前年同月比で減少したが、同安定所は「大型連休が影響したのではないか。管内の雇用情勢は、引き続き堅調に推移すると考える」と分析している。
 同安定所によると、引き続き入域観光客数が増加傾向にあることを受け、観光業を中心に雇用情勢は好調が続いている。4月の求人倍率(季節調整済み)は全国平均1.63倍、県平均1.18倍。県内では昨年9月から7カ月間、八重山と同様に観光が好調な宮古地区が最高だった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る