【視点】社会との絆が「生きがい」に

 中高年のひきこもり問題が注目を集めている。神奈川県川崎市の殺傷事件を起こした51歳の男が「ひきこもり」の状態にあったと報道され、この事件の影響で76歳の元農水事務次官が、ひきこもり状態にあった44歳の長男を刺殺した。ひきこもりと犯罪を安易に関連づけることは厳に控えなければならない。ただ、こうした悲惨な事件の真相解明を進める上で、ひきこもり問題を改めて見直すことも必要であるように思われる。
 内閣府が今年3月、40歳~64歳の中高年のひきこもりの人が全国で61万3千人いるという推計値を初めて公表した。男性が76.6%を占め、ひきこもり状態になったきっかけは退職が36.2%と最多だった。
 広い意味でのひきこもりは、病気などの事情を除き①趣味の用事の時だけ外出する②近所のコンビニなどには出かける③自室からは出るが、家からは出ない④自室からはほとんど出ない―という状態に当てはまり、6ヵ月以上経過した人と定義される。
 就職氷河期を経験したことも背景にあると見られ、期間は7年以上が半数近くを占め、長期化・高齢化が裏付けられた。15歳~39歳も含めたひきこもりの総数は100万人を超える可能性もあるという。
 内閣府の調査では、ひきこもりになったきっかけとして退職のほか「人間関係がうまくいかなかった」(21.3%)「職場になじめなかった」(21.1%)「就職活動がうまくいかなかった」(6.4%)などが挙がった。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  空手の普及に努めている一般社団法人劉衛流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、恩納村の恩納海浜公園ビー…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  7月に予定される参院選沖縄選挙区(改選数1)に出馬を予定する高良鉄美琉大名誉教授(65)は4日、社…
ページ上部へ戻る