「船担ぎ」の伝統継承 フナクヤハーリー盛況

東の海岸近くから西の船越漁港まで船を担ぐ北部漁友会の人たち=6日午前、伊原間地区

 旧暦5月4日の「ユッカヌヒー」に合わせ6日、石垣島北部の船越漁港で第22回船越屋(フナクヤ)ハーリー(主催・北部漁友会)が開かれた。地元住民らが2隻のサバニを漁港まで担いで運ぶ「船越」の伝統行事や、にぎやかな競漕を多くの人たちが楽しんだ。住民と交流がある埼玉県白岡市のマスコットキャラクターも参加し、祭りの雰囲気を盛り上げた。
 船越地区は東西の陸地幅が数百㍍しかなく、昔の漁師は天候により、船を担いで東西の海岸を往来し、出漁したと言い伝えられる。
 この日は午前9時過ぎ、北部漁友会のメンバーと伊原間中学校の生徒42人が「フナ、クヤ」と掛け声を上げながら、2隻の船を東側の海岸付近から西側の船越漁港まで担いだ。
 参加した伊原間中の竹原瑚子さん(2年)は「昔の人は苦労して船を担いだと教わった。今日は人数が多いが、昔は人数も少なかったはずだから、大変だっただろうと思った」と振り返った。
 北部、桃里の猟友会対抗の御願ハーリー、漕ぎ手を5人に絞った5勇士ハーリー、子どもたちも参加した体験ハーリーなどが繰り広げられた。参加者にはエビ汁や魚汁が振る舞われた。
 北部漁友会の鈴木剛会長は「船を東西に担いだ海人の昔からの知恵を受け継ぐ、唯一無二のハーリー。地域一体となって伝統を継承したい」と話した。
 船越屋ハーリーは伊原間在住の平良正吉さん、八重子さん夫妻が発起人になり、1998年に開始された。
 この日は平良さん夫妻と交流がある埼玉県白岡市からは13人が参加し、同市のマスコットキャラクター「シラオ仮面」も登場。石垣島のマスコットキャラクター「ぱいーぐる」、平良さんが製作したパインの着ぐるみとともに、新石垣空港開港のテーマソング「おかえり南ぬ島」に合わせて踊った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る