【本音のコラム】台湾同性婚合法に賛否

 東アジアで最も親日的といわれる台湾は、街並みや風景が日本とよく似ているといわれる。しかし繁華街に立ち、行き交う人々をよく観察してみると、ここが日本でないことを再認識することになる。妙齢の女性同士が腕を組んだり、手をつないだりして妙に親密そうだ。男性同士も同様の姿であからさまだ。現在の台湾は同性愛に寛容だといわれており、街頭で気に留める人もいない。
 職場にも同性愛の社員、職員がいても不思議でなく、色眼鏡で見られることはない。本人たちも隠しておらず、人によってはアピールすらするといった状況だ。ある流行雑誌の編集部員は全員男性で同性愛だったという話もあった。
 台湾同志遊行(台湾LGBTプライド)という名称で性的少数者のパレードが台北、高雄など少なくとも7カ所以上で開かれており、アジアでは最も規模が大きいといわれている。昨年8月、台北で行われたパレードには13万人以上(主催者発表)が参加したという。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払ってい…
  2.  県は9日、新型コロナウイルス感染症対策として那覇空港の国内線1階到着ロビーにサーモグラフィ設置し、…
  3.  首里城火災に係る再発防止検討委員会(委員長・阿波連光弁護士)の第2回会合が6日、首里城公園首里社館…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府が尖閣諸島などの関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・虎ノ門地区に移転し、面積を現在の…
ページ上部へ戻る