「八重高を甲子園に」 ОBら資金造成パーティ 那覇

母校の球児らが甲子園で活躍することを願い、乾杯した参加者ら=8日、県市町村自治会館

 八重山高校のOBらで構成される「八重高が甲子園に行く会」(安里國昭会長)は8日夕、那覇市内で資金造成パーティを開催した。母校である八重山高校野球部の甲子園出場を実現させる目的で開かれ、多くの同校出身者が集まった。参加費の一部は野球部の活動費などに寄付される予定。
 ブラスバンド「あんがま楽団」が甲子園応援曲を演奏。同校39期で演出家の平田大一氏は「ダイナミック琉球」を、大太鼓を叩きながら熱唱し、会場の興奮は最高潮となった。
 平田氏は八重高の甲子園出場について「夢のまた夢だったが、数年前に本当にチャンスが巡ってきた。チャンスはある」と述べ、近年の活躍を評価。後輩らの活躍に期待した。
 安里会長は、甲子園予選である沖縄大会が沖縄本島で開催されるため、八重高の応援に来る関係者が少ないと指摘し「会場で応援してほしい」と呼び掛けた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の観光関係者が集まり、島の観光のあり方を論議する「プラットフォーム会議」が24日夜、市健康福…
  2.  岩手・沖縄かけはし交流会(小山雄士会長)の30人は24日午後、第18回石垣島マラソンに合わせ来島し…
  3.  八重山地方は24日、高気圧に覆われて、雲一つない快晴となった。この影響で各地とも最高気温が25度を…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る