日本人装ったテロ目的か 被害者家族「悪者」扱いも 増元照明さん―「拉致考える集い」発言より

拉致問題を考える石垣の集いで講演する増元照明さん=5月30日夜、大川公民館

 5月30日に開かれた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)で関係者が拉致問題の深刻さを訴えた。政府認定拉致被害者の増元るみ子さん(当時24歳)実弟・増元照明氏(63)の発言趣旨は次の通り。
 〈当時の心境と状況〉
 1978年8月12日、姉・るみ子は当時付き合い始めた市川修一さん(当時23歳)と夕日を見るため、吹上浜に出かけたまま帰らなかった。私は当時、北朝鮮による拉致など考えもしなかったし、北朝鮮に関心も無かった。UFOか神隠しとしか考えられなかった。
 警察は吹上浜のキャンプ場に行った人への追跡調査をしたが、事件性も事故も無いと結論付けた。
 80年1月に産経新聞の阿部雅美記者が福井、鹿児島、新潟3県でのアベック失踪を取り上げ、富山県での誘拐未遂事件での「猿ぐつわ」や「布袋」などの遺留品から、北朝鮮による拉致の疑いがあると報じた。
 私は「北朝鮮に拉致されているのであればむやみには殺さない、生きている可能性が高いだろう」と考えた。暗闇の中に一つの光を見い出したような感じだった。
 ただ、外務省も警察も北朝鮮による拉致を認めていなかったから、声を上げたとしても相手にされなかっただろう。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院に隣接するヘリポートが石垣市の新庁舎建設工事などで使用困難になる問題で、新たなヘリポ…
  2.  「なんと、台湾から日本へのタピオカ輸出量が過去最高に!」「日本と同様に、マンガは台湾の人々の成長を…
  3.  第10回記念北部地区トゥバラーマ大会(主催・北部八重山郷友会)が15日夜、名護市民会館中ホールで開…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府が尖閣諸島などの関連資料を展示する「領土・主権展示館」を東京・虎ノ門地区に移転し、面積を現在の…
ページ上部へ戻る