漂着ごみでアート製作 離島ターミナルにボックス

観光客参加型の漂着プラスチックごみを利用したアートボックス=離島ターミナル、平田観光前

 離島ターミナル内の平田観光のカウンター付近にこのほど、YAMANEKO530ART PROGECT(ヤマネコ ごみゼロ アートプロジェクト)と銘打ち、漂着プラスチックごみを活用してアートをつくるアクリル製のボックスが設置された。
 八重山諸島の海岸にある約8センチ以下の小さなごみを拾い、アートボックスに入れることでごみが溜まり、ボックスのヤマネコの部分が彩られていく仕組み。アートボックスの大きさは一畳分ほど。
 アートボックス設置は西表島の自然と文化を守るためのプロジェクトの一環。イリオモテヤマネコをモチーフとした靴(ユニークエヴォ)も販売し、売上の10%を環境保護活動に充てている。チャリティーグッズも協賛企業で通販サイトのKEENや同プロジェクトのホームページで販売。協賛企業や個人の資金援助も募集している。
 フェイスブックとインスタグラムも公開中。
 ホームページは www.us4iriomote.org

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る