漂着ごみでアート製作 離島ターミナルにボックス

観光客参加型の漂着プラスチックごみを利用したアートボックス=離島ターミナル、平田観光前

 離島ターミナル内の平田観光のカウンター付近にこのほど、YAMANEKO530ART PROGECT(ヤマネコ ごみゼロ アートプロジェクト)と銘打ち、漂着プラスチックごみを活用してアートをつくるアクリル製のボックスが設置された。
 八重山諸島の海岸にある約8センチ以下の小さなごみを拾い、アートボックスに入れることでごみが溜まり、ボックスのヤマネコの部分が彩られていく仕組み。アートボックスの大きさは一畳分ほど。
 アートボックス設置は西表島の自然と文化を守るためのプロジェクトの一環。イリオモテヤマネコをモチーフとした靴(ユニークエヴォ)も販売し、売上の10%を環境保護活動に充てている。チャリティーグッズも協賛企業で通販サイトのKEENや同プロジェクトのホームページで販売。協賛企業や個人の資金援助も募集している。
 フェイスブックとインスタグラムも公開中。
 ホームページは www.us4iriomote.org

関連記事

ピックアップ記事

  1.  創造性を核とした世界の都市同士が連携し、地域の創造産業の発展と都市の持続可能な開発を目指す「ユネス…
  2.  琉球伝統芸能デザイン研究室(山内昌也代表理事)は24日、県庁で設立会見を行った。琉球時代に士族の間…
  3.  27日に開業を予定しているサンエーパルコ(上地文勝社長)は25日、大型商業施設「サンエー浦添西海岸…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に開かれた県議会米軍基地関係特別委員会で質問した山川典二氏(自民)は、普天間飛行場の移設工事…
ページ上部へ戻る