梅雨の晴れ間に大輪の花 オオバナサルスベリ咲き誇る

梅雨の晴れ間、紅紫色の花を咲かせるオオバナサルスベリ=8日午後、石垣市平得の産業道路

 花びらが普通のサルスベリよりも数倍も大きいオオバナサルスベリが各地で咲き誇っている。
 インドやタイなど東南アジア原産のミソハギ科の落葉性高木で、県内でも公園樹や街路樹に用いられるなど普及している。
 花びらは径5~6センチと文字通り大きく、紅紫色を帯びた花がとても美しい。
 石垣市平得の産業道路沿いでは、5月下旬ごろから開花。小枝の先端についた幾つものつぼみが膨らみ、次々と花を咲かせている。
 梅雨の晴れ間が広がった9日、大輪の豪華な花は初夏の日差しを浴びて、あでやかな表情をみせた。
(文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  前宜野湾市長の佐喜真淳氏が27日、石垣市民会館大ホールで講演した。昨年の知事選で落選したが「政治家…
ページ上部へ戻る