日本最西端、260㍍先へ 与那国島の岩を地形図に

与那国島にある岩「トゥイシ」の満潮時(上)と干潮時の様子=2017年7月(国土地理院提供)

 国土地理院が、与那国島にある岩「トゥイシ」を日本の国土を示す最も基本的な地図とされる「2万5千分の1地形図」に新たに記載した結果、日本最西端の地点がこれまでより北北西に約260㍍先になったことが10日、地理院への取材で分かった。地理院はトゥイシについて、満潮時も海面上にあると確認した。
 地理院によると、与那国島の2万5千分の1地形図が1981年に作成されて以降初めて、最西端の場所が変わった。岩の存在は「5千分の1地形図」や海図などには既に記載されており、日本の排他的経済水域(EEZ)の面積に影響しないという。
 2万5千分の1地形図では、原則として、満潮時に7・5㍍四方以上あることを基準に島や岩などを記載している。トゥイシはこれまで、満潮時に海面下に隠れてしまう「隠顕岩(いんけんがん)」がある範囲の記載があるだけで名称も示されていなかった。
 地理院のチームは2017年7月、小型無人機(ドローン)による撮影などの現地調査をした結果、大潮の満潮時も海面上に出ていることを確認。今年3月、与那国町が地形図への追加を申請し、今回記載された。6月1日から地理院のホームページでも公開している。
 地形図への記載で、日本最西端は北緯24度26分58秒、東経122度56分01秒から、北緯24度27分05秒、東経122度55分57秒に変わった。
 与那国町によると、トゥイシの名前は「とがった石」や刃物を磨く「砥石(といし)」など諸説ある。町役場の田島忠幸さんは「国に認められ喜ばしい。あらためて最西端の町として観光に生かしていきたい」と話している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  海上保安庁が巡視船や航空機で任務に当たる保安官の新型コロナウイルスの感染防止に細心の注意を払ってい…
  2.  県は9日、新型コロナウイルス感染症対策として那覇空港の国内線1階到着ロビーにサーモグラフィ設置し、…
  3.  首里城火災に係る再発防止検討委員会(委員長・阿波連光弁護士)の第2回会合が6日、首里城公園首里社館…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る