米軍ヘリのテープ落下に抗議 県議会軍特委が全会一致 浦添市

軍特委の質疑時の様子。自民や共産の県議から質問が相次いだ=10日、県議会

 浦添市の浦西中学校に米海兵隊の大型ヘリからゴム製のテープが落下した事故について、県議会の米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は10日、抗議決議と意見書を全会一致で可決した。18日に予定される本会議でも可決される見通し。
 抗議決議と意見書では、事故の原因と経過を検証し、再発防止策を講じること、民間地上空での米軍機の飛行・訓練の中止、普天間飛行場の運用停止と閉鎖・撤去、日米地位協定の改定の合計4事項を要請した。人的被害が出なかったのは偶然で、航空機からの落下物は一歩間違えれば人命に関わる重大事故につながると懸念した。
 宛て先は意見書が首相、外相、防衛相など、抗議決議が駐日米国大使、在日米軍司令官など。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の石垣島徳洲会病院(池原康一院長)とかりゆし病院(境田康二院長)は6月1日、新型コロナウイル…
  2.  「慰霊の日」の6月23日に開かれる沖縄全戦没者追悼式を、平和祈念公園から国立沖縄戦没者墓苑に変更す…
  3.  八重山郡スポーツ協会(長浜信夫会長)は30日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場で新型コロナウィルス…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  那覇市や那覇警察署は9日夕、2019年夏の交通安全県民運動開始式を市内の複合施設で開き、県内初とな…
ページ上部へ戻る