国頭・北国小が環境大臣賞 愛鳥週間の生物保護功労表彰 西表島の研究者も受賞

表彰状を手に笑顔を見せる北国小の卒業生と元児童ら(写真前列左から、浦崎斉磨君、浦崎未安さん、武田さん、稲福莉亜奈さん、稲福陽人君)=11日、県庁

 今年度の愛鳥週間野生生物保護功労者表彰の受賞報告会が11日、県庁で開かれた。5月12日の表彰式で、ヤンバルクイナの生息数などを調査してきた国頭村立北国小学校が、環境大臣賞を受賞。また、西表島の南西にある無人島「仲の神島」に生息するセグロアジサシやカツオドリなどの研究を40年以上続けてきた東海大学沖縄地域研究センターの河野裕美教授も同賞を受賞した。
 波照間島の自然についてまとめた書籍を執筆した奥土晴夫氏は、環境省自然環境局長感謝状を授与された。河野氏と奥土氏は所用で報告会を欠席し、北国小学校の元児童らのみが出席した。
 北国小は2007年からヤンバルクイナの生息調査を実施、野生本来に近い生息数や生息密度のデータを10年以上蓄積。17年度からは、ヤンバルクイナが急に車道に飛び出し、車にはねられて死亡する「ロードキル」を防ぐ目的で、道路脇に地元木材を使った木片チップを敷いた。木片チップを警戒し、ヤンバルクイナが車道に近付かなかったとの報告もあり、野生個体の保護にも成果を出した。
 代表であいさつした武田小夏さん(12)=国頭中1年=は北国小の卒業生。「この賞を頂けたのは、長い間、調査をしてきた卒業生や、一緒に調査して下さった環境省の方々や先生方、地域の皆さん、国頭村、県環境部の皆さんのおかげだ」と感謝。同賞の受賞は貴重な経験だとし「学校生活に生かし、沖縄や国頭の良さを伝える活動にチャレンジしたい」と意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る