子の貧困、12億8千万円交付 石垣などで若年妊産婦居場所 内閣府

 内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表した。県、市町村が実施する同事業の99%を補助する。新規事業として、ひきこもり、不登校、若年妊産婦など、手厚い支援が必要な子ども対策の強化、離島・へき地の取り組み支援などを盛り込んだ。
 若年妊産婦の居場所は石垣市、沖縄市、南風原町で設置。食事支援、生活指導、学習支援のほか、出産育児相談、就学継続支援、就労自立支援も行う。
 県、那覇、糸満市を対象に、それぞれの「居場所」の連絡会を設置し、対応力の向上を図る。
 継続事業として子どもの貧困支援員配置、子どもの居場所の運営支援なども進める。
 宮腰光寛沖縄担当相は11日の記者会見で、子どもの貧困対策について「実効あるものにしていかなければいけない」と強調。「子供の貧困対策は今、相当大きなテーマだ。政府全体で対策を講じていけるよう頑張っていきたい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る