「無駄」と通り過ぎる人たち 家族の高齢化も進む 水居徹さん―「拉致考える集い」発言より

 5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)で、特定失踪者の水居明さん(当時52歳)の息子・水居徹氏(59)の発言趣旨は次の通り。

 〈当時を振り返って〉
 石垣の海が好きでよく来るが、海を見ると複雑な思いになる。
 父は不動産賃貸管理をやっていた。釣りが好きで、土日のたびに宮崎市の青島辺りへ行っていた。
 1988年7月17日、父は釣り仲間の友人・林田幸男さんと一緒に林田さん所有の遊漁船「共擁丸」(1㌧)で午前4時頃出港し、そのまま帰らなかった。
 翌日、私は東京から宮崎に向かった。着陸寸前に見た宮崎の海は、全く波も無く、底が見えるような感じだった。父は前に一度、遭難したことがあったので「なぜこれで遭難したのか」と疑問に思っていた。
 当初から北朝鮮による拉致という話はあった。前年の87年には大韓航空機爆破事件があったり、九州沖合では北朝鮮らしい船が目撃されたりしていたから。しかし、私は「拉致はないだろう。日本海側じゃないし」と思っていた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る