媽祖(まそ)廟建立「来年5月に」 華僑団体、市に協力要請

媽祖廟の建立に協力を求め、川満副市長(中央)と面会した華僑関係者ら=13日午後、市役所

 在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立された「石垣宮媽祖廟協議会」の東郷清龍会長と、全国の華僑団体関係者など12人が13日、石垣市役所を訪れ、川満誠一副市長に計画への協力を要請した。建設予定地は当初、唐人墓隣の市有地だったが、その後、やや海寄りの位置に変更することになり、市が貸し付けに向けた調整を続けている。東郷会長は「来年5月には完成させたい」と述べた。
 媽祖は航海の守護神とされ、中国や台湾、華僑関係者の間で信仰されている。石垣島に建立予定の媽祖廟は、内部をガラス工芸で装飾することになり、台湾のガラスメーカー「台明将企業」の林肇睢(リン・ジャクソン)社長も来島した。
 林社長は、4月に建設予定地を視察した際、「あまりにも唐人墓に近い。『陰』と『陽』が近いのは良くない」との理由で位置の変更を提言したと説明。「石垣島は観光資源を開発する余地がある。石垣島に投資したい」と述べた。
 川満副市長は媽祖廟について「台湾とは末永く良い関係を築きたい。石垣の風景とマッチした美しいものができると期待している」と協力を表明。台湾からの投資については「ありがたい」と述べた。
 日本国際媽祖会の曽鳳蘭会長は、媽祖廟が建設されれば世界から華僑が石垣島を訪れると述べ「石垣はハワイのようになるかも知れない」と期待した。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る