【視点】「団塊ジュニア」の奮起求める

 政府は11日の経済財政諮問会議に提示した経済財政運営の指針「骨太方針」案で、バブル崩壊後の厳しい雇用環境の時期に就職活動を行った「就職氷河期世代」の支援プログラムを盛り込んだ。就職氷河期世代のうち困難な状況にある約100万人向けの支援プログラムを組み、この世代の正規雇用者を3年間で30万人増やす内容だ。現在40代半ばから30代半ばを迎えたこの世代の奮起に、今後の日本が懸かっていると言っても過言ではないだろう。
 就職氷河期世代は、終戦直後のベビーブームで生まれた「団塊の世代」の子どもの世代であり「団塊ジュニア」と呼ばれることもある。
 団塊の世代は死に物狂いに働き、若者として日本の高度成長を支え、世界第2位の経済大国に導いた。
 一方、団塊ジュニア世代が社会に出た時期は日本の退潮期と重なる。フリーター、ニート、ひきこもりといった現象はこの世代あたりから社会問題化した。第二次ベビーブームで生まれ、人口が比較的多い世代にもかかわらず出産数は少なく、人口減少社会を招いた世代である。
 もちろん、就職氷河期の到来は必ずしもこの世代の責任ではない。それに、この世代の中にも企業家、政治家、学者などの肩書で社会の先頭に立っている人は多い。しかし政府の試算では、不本意に非正規雇用で働く者が少なくとも50万人に上るという。この世代が総体として活躍できなかったことが、日本の混迷を招いた要因の一つだろう。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る