中国船4隻が領海侵入 尖閣周辺、今年18日目

16日、尖閣周辺のEEZを航行する中国海洋調査船「海洋地質九号」(第11管区海上保安本部提供)

 第11管区海上保安本部によると17日午前10時15分ごろから、尖閣諸島(石垣市登野城)周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入し、約1時間半航行して領海外側の接続水域に出た。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは10日以来で、今年18日目。
 4隻は16日夜に、接続水域に入った。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは14日以来。
 4隻は機関砲のようなものを搭載した「海警35115」のほか「海警1310」「海警2306」「海警2502」。中国公船は14日に64日連続で確認されたのを最後に、記録がいったん途切れていた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の石垣島徳洲会病院(池原康一院長)とかりゆし病院(境田康二院長)は6月1日、新型コロナウイル…
  2.  「慰霊の日」の6月23日に開かれる沖縄全戦没者追悼式を、平和祈念公園から国立沖縄戦没者墓苑に変更す…
  3.  八重山郡スポーツ協会(長浜信夫会長)は30日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場で新型コロナウィルス…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る