新旧織り交ぜ舞踊披露 大浜青年会が文化発表会

「かぎやで風」を披露する大浜青年会の西里会長(左)と上原洋慎文化部長=15日夜、大浜公民館

 大浜青年会(西里翔太会長、会員16人)主催の「2019年度文化発表会」が15日夜、大浜公民館で開かれ、平成生まれの若者らが伝統を継承しつつ、新しい要素も取り入れ、新旧織り交ぜた舞踊と創作演目を披露した。
 第1部は「かぎやで風」で幕開け。「くいぬぱな節」、「夜雨節・千鳥節」、「祝い獅子」に続き、「うりずんの唄」で締めくくった。
 第2部はスライドショーによる青年会員と活動の紹介や平成7(1995)年生まれ新入会員メンバーの三味線やウクレレによるバンド「クサムラバイミー」、曲「2億4千万の瞳」に合わせた全会員によるものまねなどを披露した。
 会員歴10年、今年1月から就任した西里会長は「地域の顔は青年会と言われる。新入会員も8人増え、パワーアップして地域に元気を伝えたい」と意気込みを語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度・第1回石垣島大運動会(主催・同実行委員会)が14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開…
  2.  玉城デニー知事は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対などを訴えるため、14日から訪米した。米国政府や議…
  3.  「予測に比べると、まずまずに収まったという感じ」―。台風19号の被害が拡大する中、自民党の二階俊博…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  当時の舟を推定して復元し、旧石器時代に大陸から日本列島に渡ってきた祖先の大航海の一部を再現する「3…
ページ上部へ戻る