新旧織り交ぜ舞踊披露 大浜青年会が文化発表会

「かぎやで風」を披露する大浜青年会の西里会長(左)と上原洋慎文化部長=15日夜、大浜公民館

 大浜青年会(西里翔太会長、会員16人)主催の「2019年度文化発表会」が15日夜、大浜公民館で開かれ、平成生まれの若者らが伝統を継承しつつ、新しい要素も取り入れ、新旧織り交ぜた舞踊と創作演目を披露した。
 第1部は「かぎやで風」で幕開け。「くいぬぱな節」、「夜雨節・千鳥節」、「祝い獅子」に続き、「うりずんの唄」で締めくくった。
 第2部はスライドショーによる青年会員と活動の紹介や平成7(1995)年生まれ新入会員メンバーの三味線やウクレレによるバンド「クサムラバイミー」、曲「2億4千万の瞳」に合わせた全会員によるものまねなどを披露した。
 会員歴10年、今年1月から就任した西里会長は「地域の顔は青年会と言われる。新入会員も8人増え、パワーアップして地域に元気を伝えたい」と意気込みを語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、15日午前7時51分ごろ、中国海警局の船「海警1401」が石垣市の…
  2.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・佐藤真陸将補)は13日午前、所属ヘリ部隊・第15ヘリコプター隊の年頭…
  3.  石垣市立川平小中学校(大城豊校長)と真喜良小学校(比嘉真弓校長)で新型コロナウイルスの感染者が確認…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る