「人々の懸念緩和する」 在沖米軍トップと知事会談

玉城知事(写真右)を表敬訪問したクラーディー3世中将(同左)=18日、県庁

 在沖縄米軍トップのハーマン・クラーディ沖縄地域調整官(中将)は18日、県庁で玉城デニー知事と会談し、「力の及ぶ限り沖縄の人々の懸念について考え、緩和するよう努めていく」と述べた。5月末に就任したクラーディ氏が玉城氏を表敬訪問した。
 玉城氏は「沖縄には米軍専用施設が多くありすぎる。米軍が原因の度重なる事件や事故について、県民が不安を持っている」と懸念を伝えた。3年前にうるま市で発生した米軍属による女性殺人事件や、今年4月に北谷町で発生した海軍兵の女性殺害事件に言及し、綱紀粛正を求めた。
 一方で「県は日米同盟を理解し、日米関係の中で平和を享受してきたことも評価している」と述べた。
 同席した富川盛武副知事は「基地から派生するの不安を取り除くことが重要」、謝花喜一郎副知事は「率直な意見交換の中から信頼関係を築きたい」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県の超高速ブロードバンド環境整備促進事業を活用し、石垣市北部地域で5日から、情報通信環境を整備する…
  2.  県議会(新里米吉議長)は5日、11月定例会の本会議を開き、各派を代表して上原正次氏(おきなわ)、新…
  3.  沖縄県アジア経済戦略構想推進・検証委(安里昌利委員長)は11月29日午前、県庁に玉城デニー知事を訪…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る