「人々の懸念緩和する」 在沖米軍トップと知事会談

玉城知事(写真右)を表敬訪問したクラーディー3世中将(同左)=18日、県庁

 在沖縄米軍トップのハーマン・クラーディ沖縄地域調整官(中将)は18日、県庁で玉城デニー知事と会談し、「力の及ぶ限り沖縄の人々の懸念について考え、緩和するよう努めていく」と述べた。5月末に就任したクラーディ氏が玉城氏を表敬訪問した。
 玉城氏は「沖縄には米軍専用施設が多くありすぎる。米軍が原因の度重なる事件や事故について、県民が不安を持っている」と懸念を伝えた。3年前にうるま市で発生した米軍属による女性殺人事件や、今年4月に北谷町で発生した海軍兵の女性殺害事件に言及し、綱紀粛正を求めた。
 一方で「県は日米同盟を理解し、日米関係の中で平和を享受してきたことも評価している」と述べた。
 同席した富川盛武副知事は「基地から派生するの不安を取り除くことが重要」、謝花喜一郎副知事は「率直な意見交換の中から信頼関係を築きたい」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、尖閣諸島に灯台や無線中継施設などを整備することに関…
  2.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、2009年に自治基本条例が制定された経緯に関し「議…
  3.  竹富町は小浜島の町指定天然記念物「コーキ原のガジュマル群落」に遊歩道を整備する。来島者が立ち入りし…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る