薬物乱用許さない 14団体が緊急アピール

緊急アピールを全員で読み上げる参加団体の関係者ら=14日、県庁

 県内の高校生らが大麻所持の疑いで相次いで逮捕されたことを受け、県社会教育関係団体等連絡会は14日、県庁で記者会見し「薬物乱用は許さない」などとする緊急アピールを発表した。
 この中では「健全な地域社会を作る」「地域の子は地域で守り育てる」「家族の絆を大切にする」「子どもに社会の規範意識を育む」「子どもの悩みに向き合う」「自己や他者の命を大切にする」―などの項目を掲げた。
 県高等学校PTA連合会の宮城光秀会長は「薬物乱用は子どもの成長を阻み、安全安心な地域社会を脅かす」と述べた。
 逮捕された少年らは、SNSで薬物の誤った情報を得た可能性が高いとされる。宮城会長は「スマホのルール作りのワークショップを開催したい。ネットが薬物乱用の入り口になる可能性を意識して対策に取り組みたい」と強調した。
 PTAの研究大会では、薬物乱用防止の研修を行う。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る