薬物乱用許さない 14団体が緊急アピール

緊急アピールを全員で読み上げる参加団体の関係者ら=14日、県庁

 県内の高校生らが大麻所持の疑いで相次いで逮捕されたことを受け、県社会教育関係団体等連絡会は14日、県庁で記者会見し「薬物乱用は許さない」などとする緊急アピールを発表した。
 この中では「健全な地域社会を作る」「地域の子は地域で守り育てる」「家族の絆を大切にする」「子どもに社会の規範意識を育む」「子どもの悩みに向き合う」「自己や他者の命を大切にする」―などの項目を掲げた。
 県高等学校PTA連合会の宮城光秀会長は「薬物乱用は子どもの成長を阻み、安全安心な地域社会を脅かす」と述べた。
 逮捕された少年らは、SNSで薬物の誤った情報を得た可能性が高いとされる。宮城会長は「スマホのルール作りのワークショップを開催したい。ネットが薬物乱用の入り口になる可能性を意識して対策に取り組みたい」と強調した。
 PTAの研究大会では、薬物乱用防止の研修を行う。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る