辺野古移設の賛否明言せず 安里氏政策発表「争点は振興」 参院選

政策を発表する安里氏=22日、ヒルトン那覇首里城

 夏の参院選沖縄選挙区に立候補を表明した自民新人でシンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)=公明、維新推薦=は22日、那覇市のホテルで記者会見し、公約を発表した。安倍政権が推進する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について、賛否を明言しなかった。
 安里氏は、2013年の仲井真弘多県知事(当時)による辺野古沿岸部の埋め立て承認に「法的な瑕疵(かし)はなかった」と強調。埋め立てが進む現状に「掘り起こして戻すことが可能なのか、現実問題として考えないといけない」と話した。
 一方で、2月の県民投票で埋め立て反対が7割超を占めたことに言及。「反対の民意が示された。(辺野古)容認とは口が裂けても言えない。この現実の厳しさを伝えていく」と述べた。国民的な議論が必要だとして「時間がかかるが解決の糸口を模索する」と訴えた。
 選挙戦の争点について「新しい沖縄振興計画を示す選挙だ」と強調した。安倍政権が進める憲法改正は「国民目線で議論を深めないといけない」との考えを示した。
 石垣島で進む自衛隊配備計画は容認した。尖閣諸島に中国船が侵入を繰り返す現状については「脅威は迫っている。G20での意見交換を期待したい」と述べた。
 本島北部地区の振興策として民間空港を造る必要性を指摘し、北部のリゾート地を目指す観光客が利用する便を就航させるべきとした。
 同選挙区には、辺野古移設に反対する野党や団体でつくる勢力「オール沖縄」が支援する無所属新人の琉球大名誉教授・高良鉄美氏(65)らも、出馬を表明している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  政治経験のない元新聞記者が、知名度も実績も、はるかに上回るベテラン政治家を破り、初当選を果たす。他…
ページ上部へ戻る