「尊い平和引き継ぐ」 戦争マラリアの犠牲者追悼 八重山

八重山戦争マラリア犠牲に手を合わせる追悼式参列者=23日午後、慰霊碑前

 沖縄戦末期、八重山に駐屯した日本軍の指示で住民がマラリア有病地帯に強制疎開させられ、3647人が死亡した「八重山戦争マラリア」犠牲者追悼式(主催・石垣市)が23日、バンナ公園の慰霊碑前で開かれた。中山義隆市長は「戦争の歴史を正しく継承し、平和の尊さを子孫に引き継ぐため、慰霊と平和希求を今後も続ける」と追悼のことばを述べた。
 戦争マラリアで母、姉、弟、妹を失った八重山戦争マラリア遺族会の佐久川勲会長(79)は「悲しみは今も消えない。地上戦に勝るとも劣らない戦争の惨状だった。戦争の教訓を正しく伝えていくことが私たちの大きな使命」と訴えた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解…
  2.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣市の4月の事業所向けの営業用使用量が前年同月より40%近く減ったこ…
  3.  29日告示、6月7日投開票の県議選で、立候補を表明している無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共産、…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票に不参加を表明した5市に抗議するため、宜…
ページ上部へ戻る