運営アドバイザーに3氏就任 八重山病院のソフト充実化へ

左から八重山病院篠﨑裕子院長、大山剛氏、松本廣嗣氏、伊江朝次氏、平良美江副院長、中村昭事務局長=24日、同病院

 県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は24日、同病院で病院運営の効率化や質向上を目的に「病院運営アドバイザー」の導入を発表し、医師で元八重山病院長の伊江朝次氏、松本廣嗣氏、八重山の医療を守る郡民の会事務局長の大山剛氏の3人を任命した。無報酬で、任期は2020年3月まで。
 同病院は昨年10月に新築移転が終了し、設備面の整備が進みつつある一方で、サービス向上などのソフト面の充実を目的に、これまでの経験や知識、幅広い人脈を持つ3氏を人選した。
 アドバイザー制導入について篠﨑院長は「地域の事情をより理解し、経営的にも一緒に考えてくれる人が必要だった。識者の立場で指摘を受けつつ病院運営をしていきたい」と期待した。
 伊江氏は「経営と地域医療とのバランスをどう保つか。市民の視点で苦情、リクエストも言っていきたい」と意気込んだ。
 現在沖縄南部療育医療センター医師を務める伊江氏は「八重山病院は最後の砦(とりで)という立場。住民全体のためにある病院という認識を念頭に置くことが大切。院長と違うは立場で提言できれば」と述べた。
 沖縄県病院事業局OBでもある大山剛氏は「病院は八重山郡民の財産。%は郡外の病院へ行っている。パーセンテージを低くしていくための啓発、郡民への周知などの使命があると思う。経営的な数字も見て指摘していきたい」と強調した。
 病院運営に関する4半期に1度の会議などで指導や助言、経営状況を見て議論などが予定されている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2019年度・第1回石垣島大運動会(主催・同実行委員会)が14日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開…
  2.  玉城デニー知事は米軍普天間飛行場の辺野古移設反対などを訴えるため、14日から訪米した。米国政府や議…
  3.  「予測に比べると、まずまずに収まったという感じ」―。台風19号の被害が拡大する中、自民党の二階俊博…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る