シュノーケリングで学ぶ サンゴ礁の生き物観察 川平小

シュノーケリングでサンゴ礁の生き物を観察した川平小の児童ら=26日午前、米原ビーチ

 環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域のダイバー10人が26日午前、米原ビーチでシュノーケリング学習を行った。自然豊かで素晴らしい場所を知ってもらおうと環境省が実施している西表石垣子どもふれあい事業の一環。米原ビーチは西表石垣国立公園内にある。 
 児童は泳力別に、6年生2グループ、5年生1フループの3つに分かれてシュノーケリングをした。バディを組み器材の使い方や泳ぎ方の説明を受け、練習をしてからサンゴ礁の生き物を観察した。各グループにはほぼマンツーマンで地域のダイバーがつき、生き物の説明をした。
 6年生の大濵桃花さん(11)は「とても楽しかった。もっと泳ぎたい。畑を作っている魚(栄養の少ない海で生きていくために海草を育てるクロソラスズメダイ)や毒を持っている生き物を見た」と笑顔で話した。
 生徒たちを海に連れて行った崎山絵里子さん(41)は「サンゴがいなくなったらどうする?サンゴがあっての海の生き物がいる」と生徒たちに問いかけた。
 シュノーケリング学習は昨年からスタートし、今年で2年目。生徒たちはサンゴについて座学で3回学び、シュノーケリング学習を迎えた。今回のシュノーケリング学習を振り返り、7月に座学でサンゴ礁で起きている問題や、サンゴを守るために何ができるかを学ぶ予定。 

関連記事

ピックアップ記事

  1. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…
  2. 石垣市名蔵に住む上地正人さん(63)とルミ子さん(同)夫妻は毎週土曜日の朝、名蔵の自宅前で地域の農家…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域を航行してい…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る