住民投票不発「野党に責任」 過去に2回のチャンスと市長 石垣市議会一般質問

 石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸上自衛隊配備の賛否を問う住民投票に関して中山義隆市長は、過去に実施するチャンスが「少なくとも2回あった」として「(不発に終わった)要因をつくったのは野党だ」と批判した。
 宮良氏が住民投票の実施に向け、自治基本条例の不備を是正するよう求めた。
 中山市長は、2年前、当時の与党の一部が住民投票条例を提案する動きを見せたが、野党が同意せず見送られたことを挙げ「あの時、野党が同意すれば多数になったので、住民投票は実施されていた」との認識を示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山地区で今年に入り、8月までの自殺者数が7人になり、昨年1年間と同数になったことが八重山保健所…
  2.  石垣市は1日、尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更した。6月議会で字名の変更議案を賛…
  3.  萩生田光一文部科学相が29日石垣入りし、予算削減で来年度以降の存続が危ぶまれている国立天文台のVE…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る