住民投票不発「野党に責任」 過去に2回のチャンスと市長 石垣市議会一般質問

 石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸上自衛隊配備の賛否を問う住民投票に関して中山義隆市長は、過去に実施するチャンスが「少なくとも2回あった」として「(不発に終わった)要因をつくったのは野党だ」と批判した。
 宮良氏が住民投票の実施に向け、自治基本条例の不備を是正するよう求めた。
 中山市長は、2年前、当時の与党の一部が住民投票条例を提案する動きを見せたが、野党が同意せず見送られたことを挙げ「あの時、野党が同意すれば多数になったので、住民投票は実施されていた」との認識を示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言が出るなど、沖縄の状況も日々悪化している。…
  3.  会うたびに「おれのこと好きか」「あたしのこと愛しているの」と気持ちを確かめ合うカップル。ほほえまし…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る