【金波銀波】名護市辺野古で続く…

 ○…名護市辺野古で続く米軍普天間飛行場の代替施設建設は「移設」なのか「新基地」建設なのか。「慰霊の日」に来県した安倍晋三首相は報道陣に「移設は基地を増やすものではない」と述べたが、玉城デニー知事は「普天間にない機能を持たせる基地は新基地だ」と反論した◆移設反対派は、移設が県民の負担軽減にならず、むしろ負担増になると強調するため「新基地建設」という言葉を使いたい。沖縄メディアも、あえて「新基地」でほぼ統一する。一方、容認派は移設先に米軍キャンプ・シュワブという基地が既に存在するため「キャンプ・シュワブへの縮小統合」と呼ぶこともある◆反対派にとって困ったことに、県内では那覇軍港の浦添移設という、辺野古移設とよく似たケースが存在する。こちらは県政も容認の立場だ。那覇軍港移設をなぜ「浦添新基地」建設と呼ばないか問われ、反対派が持ち出した論理が、前述の玉城知事の言葉である◆この論理を突き詰めると、代替施設建設が「新基地」建設ではなく「移設」であれば容認可能という結論になる◆県は移設阻止へ膨大な人的、物的資源を投入し、国との関係は破綻の危機に瀕している。この争いの根源が、つまるところ言葉の解釈の問題であるとするなら、悲喜劇と言うほかない。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
  2.  第4回いしゃなぎら字会学級「親子で竹とんぼを作ろう」が18日、石垣公民館で開かれ、石垣青年会の希望…
  3.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、平得大俣地区の駐屯地建設予定地の半分を占める市有地の売却議案は、市…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る