夏本番の季節風も 梅雨明け、昨年より6日遅く

梅雨明けし、八重山はいよいよ夏本番。パラソルの下で休息する外国人観光客=29日午後、石垣市新川のビーチホテルサンシャイン

 沖縄気象台は29日午前11時、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると発表した。平年および昨年よりそれぞれ6日遅く、梅雨期間は44日間だった。
 県内はこの日、高気圧に覆われ、朝から青空が広がった。週間天気予報によると、向こう1週間も高気圧に覆われ、晴れた暑い日が続く見込み。
 八重山地方はこの日、夏本番を告げる南シナ海からの夏至南風(カーチバイ、南南西の季節風)も吹いた。
 梅雨期間中の各地の降水量は次の通り。石垣島219㍉(平年比67%)、西表島218.5㍉(同75%)、与那国島301.5㍉(同109%)。(文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の観光関係者が集まり、島の観光のあり方を論議する「プラットフォーム会議」が24日夜、市健康福…
  2.  岩手・沖縄かけはし交流会(小山雄士会長)の30人は24日午後、第18回石垣島マラソンに合わせ来島し…
  3.  八重山地方は24日、高気圧に覆われて、雲一つない快晴となった。この影響で各地とも最高気温が25度を…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る