クマゼミ大合唱 沖縄、夏本番に突入

日の出とともに、羽を震わせて鳴くリュウキュウクマゼミ=6月30日午前、石垣市立図書館構内

 梅雨が明け、沖縄は長く暑い夏に突入した。6月6日に初鳴きが観測されたリュウキュウクマゼミも青空の下、セミ時雨を降らせている。
 クマゼミは体長約6.5㌢の大型のセミで、最盛期は7~8月。センダンやホルトノキによく見られる。
 梅雨明け後の6月30日朝、石垣市立図書館の庭では日の出とともに、クマゼミの群れが木の枝に止まり、羽を震わせながら「シャンシャンシャン」と大合唱。夏の暑さを一層かき立てた。
 太平洋高気圧に覆われ、県内はこの日も朝から強い日差しが照りつけ、各地の最高気温は午前9時までに31度を超えた。
 これから高温が続くため、気象台では熱中症など健康管理に注意を呼び掛けている。(文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は16日、現行の沖縄振興計画である「沖縄21世紀ビジョン基本計画」の施策について、効果検証を行い…
ページ上部へ戻る