凧あげ交流会に300人 愛好家ら全国から集結 新港地区

凧からお菓子が降ってくるのを待つ子どもら=石垣市新港地区

 2019年度石垣島凧あげ交流会・第9回全国シャクシメー大会(主催・同実行委員会)が6月30日、石垣市新港地区で開催された。全国から訪れた凧愛好家32人を含む、石垣の凧友、八重山凧愛好会、地元来場者など300人が凧あげを楽しんだ。
 実行委員会会長賞は新潟県の後藤篤雄さんが受賞し、石垣島凧の架け橋大使賞には大分県の川上利久さんが輝いた。シャクシメー大会は沖縄県の﨑原毅さんが勝ち取った。
 シャクシメーはチョウの形をした凧が、羽が開いた状態でぐんぐんとあがり、先端に行きつくと羽がパタっと折れ戻ってくる仕組み。往復時間と、100メートルの距離で競われた。
 他にも凧のアトラクションでは、高くあがった凧からお菓子がまかれ、子どもたちが走り周ってお菓子を見つけた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「沖縄地域における希少な動植物の密猟・密輸対策連絡会議」の初となる八重山担当者会議が20日午前、竹…
  2.  ハリウッドの人気スター、トム・クルーズさん主演の映画「トップガン」続編の予告編で、クルーズさんが着…
  3.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は、10日、先天性脳性マヒによる足関節変形の改善を目的とした、軟部組…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国国営テレビが、来年の台湾総統選で中国寄りの最大野党・国民党の有力候補の一人とされる高雄市長、韓…
ページ上部へ戻る