県都でピィパーズ普及へ 那覇市役所の屋上に植え付け

那覇市役所の屋上で作業を行った関係者ら。西表氏(前列左から2人目)らは10日に講演会も行う=6月30日、那覇市役所

 インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に取り組んでいる「ピィパーズを活かす会」(西表秀夫会長)が6月30日、那覇市役所の屋上にピィパーズの苗50株を植え付けた。
 市の助成金事業としてで、主に緑化が目的。順調に発育すれば、2年ほどで実が取れるまでに成長するという。
 同会は会員34人中、10人が石垣関係者。新庁舎に建て替えられた直後から植え付けを開始したが、苗の一部がある程度まで成長したため、一度取り除かれ、会員の手で育てられていた。この日は同じ場所に再び植え直した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
ページ上部へ戻る