県都でピィパーズ普及へ 那覇市役所の屋上に植え付け

那覇市役所の屋上で作業を行った関係者ら。西表氏(前列左から2人目)らは10日に講演会も行う=6月30日、那覇市役所

 インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に取り組んでいる「ピィパーズを活かす会」(西表秀夫会長)が6月30日、那覇市役所の屋上にピィパーズの苗50株を植え付けた。
 市の助成金事業としてで、主に緑化が目的。順調に発育すれば、2年ほどで実が取れるまでに成長するという。
 同会は会員34人中、10人が石垣関係者。新庁舎に建て替えられた直後から植え付けを開始したが、苗の一部がある程度まで成長したため、一度取り除かれ、会員の手で育てられていた。この日は同じ場所に再び植え直した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューター両社の石垣空港所は7日、石垣市宮良のみやら保育園…
  2.  新型コロナウイルスの水際対策強化に向け、石垣市は、新石垣空港で発熱が判明した到着客全員を県立八重山…
  3.  空港で新型コロナウイルスの水際対策を強化する旅行者専用相談センター(TACO)について、県が今月中…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る