「チェック機能放棄」「採決ありき」 野党、与党の議会運営批判

記者会見で中山市長と与党を批判する野党市議ら=3日午後、野党控室

 石垣市議会6月定例会で、自衛隊配備の賛否を問う住民投票条例や、公共工事に関する調査特別委員会設置が否決されたことを受け、野党は3日、議会控室で記者会見し「行政に対して忖度(そんたく)したような対応があった。議会のていをなしていない」(野党連絡協議会の宮良操会長)などと与党側の議会運営を批判した。
 住民投票の実施に向け「訴訟の可能性を含めて検討する」との考えも表明した。
 花谷史郎氏は、住民投票の実施義務を否定する中山義隆市長が「住民訴訟の中で判断すべきもの」という考えを示したことに対し「責任放棄と取れる」と糾弾。一定の署名が集まれば、議会を通さず無条件に住民投票を実施可能とする条例を制定すべきとの考えを示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る