「チェック機能放棄」「採決ありき」 野党、与党の議会運営批判

記者会見で中山市長と与党を批判する野党市議ら=3日午後、野党控室

 石垣市議会6月定例会で、自衛隊配備の賛否を問う住民投票条例や、公共工事に関する調査特別委員会設置が否決されたことを受け、野党は3日、議会控室で記者会見し「行政に対して忖度(そんたく)したような対応があった。議会のていをなしていない」(野党連絡協議会の宮良操会長)などと与党側の議会運営を批判した。
 住民投票の実施に向け「訴訟の可能性を含めて検討する」との考えも表明した。
 花谷史郎氏は、住民投票の実施義務を否定する中山義隆市長が「住民訴訟の中で判断すべきもの」という考えを示したことに対し「責任放棄と取れる」と糾弾。一定の署名が集まれば、議会を通さず無条件に住民投票を実施可能とする条例を制定すべきとの考えを示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は26日の定例会見で、中国が主導する経済圏構想「一帯一路」に関し「沖縄が日本のアジア…
ページ上部へ戻る