安里、高良氏ら立候補 振興、基地争点に激突 参院選沖縄地区

 参院選が4日公示され、沖縄選挙区には自民党の新人で前シンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)=公明、維新推薦=、無所属新人で琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)ら4人が立候補を届け出た。安里、高良氏による事実上の一騎打ち。沖縄振興や米軍普天間飛行場の辺野古移設などを争点に、17日間の激しい選挙戦が繰り広げられる。投開票は21日。沖縄選挙区ではほかに、諸派新人の磯山秀夫氏(72)と無所属新人で辺野古商工社交業組合理事の玉利朝輝氏(60)も立候補した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の石垣島徳洲会病院(池原康一院長)とかりゆし病院(境田康二院長)は6月1日、新型コロナウイル…
  2.  「慰霊の日」の6月23日に開かれる沖縄全戦没者追悼式を、平和祈念公園から国立沖縄戦没者墓苑に変更す…
  3.  八重山郡スポーツ協会(長浜信夫会長)は30日午前、石垣市中央運動公園陸上競技場で新型コロナウィルス…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
ページ上部へ戻る