「弥勒佳那志(ミルクガナシ)」世持家へ継承 白保豊年祭へ向け準備

継承式で口上を述べる前盛善次さん(奥側左から2番目)と世持家の皆さん(手前側)=4日、白保の世持家

 7月29日の白保村豊年祭(ムラプーリン)の奉納行列を前に4日、白保の守り神である弥勒佳那志(ミルクガナシ)を務める第15代前盛家から第16代世持家へ継承式を行った。
 弥勒加那志面を前盛善治さんが携え、白保公民館から三線を弾きながら行列で世持家へ練り歩いた。世持家では弥勒継承の口上が述べられ、弥勒面の引継ぎと委嘱状が手渡された。
 世持家へ弥勒面が来るのは2回目。奇しくも平成元年に次いで令和元年の年に再来となった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部(内間敬太郎主将)は3日、県高校野球夏季大会の優勝から一夜明け、深紅の優勝旗を先頭…
  2.  石垣市で7月から新型コロナウイルスの感染者が急増したため、県立八重山病院の感染症用病床9床が2日、…
  3.  高校野球の2020年夏季大会は2日の決勝で、八重山高校がKBC学園未来沖縄を4―2で破り、初優勝を…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る