辺野古を背に阻止誓う 高良陣営「辺野古強行、消費増税にノー」

出発式で第一声を発する高良氏(左)と集まった支援者ら=4日午前、名護市

 高良鉄美氏の陣営は4日、米軍普天間飛行場の辺野古移設作業が見える名護市瀬嵩の浜辺で出発式を開いた。高良氏は、国による普天間代替施設の移設工事が進む辺野古崎を背に、第一声を上げた。集まった支持者らは高良氏に辺野古移設の阻止を誓った。
 応援弁士としてマイクを握った後援会共同代表の稲嶺進前名護市長は、相手候補に対し「政権与党なら、辺野古推進と言えば良い。言わないが実際は容認であり、政府の言うままだ。こんな人を沖縄の代表として国会に送るわけにはいかない」と批判。相手候補が辺野古移設の是非を明言していないと攻撃を強めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「沖縄地域における希少な動植物の密猟・密輸対策連絡会議」の初となる八重山担当者会議が20日午前、竹…
  2.  ハリウッドの人気スター、トム・クルーズさん主演の映画「トップガン」続編の予告編で、クルーズさんが着…
  3.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は、10日、先天性脳性マヒによる足関節変形の改善を目的とした、軟部組…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る