辺野古を背に阻止誓う 高良陣営「辺野古強行、消費増税にノー」

出発式で第一声を発する高良氏(左)と集まった支援者ら=4日午前、名護市

 高良鉄美氏の陣営は4日、米軍普天間飛行場の辺野古移設作業が見える名護市瀬嵩の浜辺で出発式を開いた。高良氏は、国による普天間代替施設の移設工事が進む辺野古崎を背に、第一声を上げた。集まった支持者らは高良氏に辺野古移設の阻止を誓った。
 応援弁士としてマイクを握った後援会共同代表の稲嶺進前名護市長は、相手候補に対し「政権与党なら、辺野古推進と言えば良い。言わないが実際は容認であり、政府の言うままだ。こんな人を沖縄の代表として国会に送るわけにはいかない」と批判。相手候補が辺野古移設の是非を明言していないと攻撃を強めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る