沖縄気象台長賞を受賞 津波防災活動で県内初 石垣市

㊧石垣地方気象台の野崎太台長(右)と中山義隆市長=4日午後、市役所市長室

 石垣市(中山義隆市長)は1日、明和大津波遭難者慰霊祭などを通じて、防災に関する知識の普及啓発活動に寄与した功績が認められ、沖縄気象台長賞を受賞した。石垣地方気象台(野崎太台長)によると、津波防災活動により受賞するのは県内で初めてという。
 今回の受賞は▽30年以上の慰霊祭実施による防災意識の高揚と災害の風化防止▽慰霊祭での児童・生徒による大津波関連の作文朗読という防災教育▽「防災の日」「防災週間」などで自主防災組織等と連携し、防災意識の高揚に努め、今後一層の推進が見込める―点が評価された。
 4日午後、市役所市長室で伝達表彰式が開かれ、野崎台長が中山市長に感謝状と記念品を贈呈した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る