【金波銀波】沖縄本島から参院選の応援に…

 沖縄本島から参院選の応援に駆け付けた政治家の言葉に、カルチャーショックを受けた。「本島では、候補者ののぼりを立てて、すぐ検挙されることはない。石垣ではプレッシャーがかかっているようだ」。念のため言うと公示前の話である◆本島では、選挙前から候補者名を大書したのぼりや横断幕が堂々と掲示されることは日常茶飯事。「公選法特区」と揶揄(やゆ)する声も上がる。「みんなやっているから」と安易な気持ちなのか、「公選法など名ばかり」というのが本音なのか◆一方、石垣島では選挙管理委員会の取り締まりが厳しく、公選法違反の疑いがあるのぼりは即座に注意される。選挙前に候補者名を連呼する広報カーが走ると、市民が「違法ではないか」と通報する。本島よりは公選法に対する意識は高いと言っていいだろう◆しかし本島の政治家からすると「石垣のほうがおかしい」ということになるのか。離島住民には分からない事情があるのかも知れないが、正直、感覚がマヒしているとしか思えない◆この件に限らず、離島から本島に物申したいことは多い。広い本島のしきたりが常識で、狭い離島の主張は一部の声だと言わんばかりの論調が、メディアにさえ、ちらほらする。少数意見に耳を傾けよと訴えるなら、自ら範を示すべきだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…
ページ上部へ戻る