平久保の魅力PR 保護者と地域住民ら チャリティー祭

サバニを楽しむ来場者ら(左)=7日午前、平久保地区海岸。与那国馬と戯れる子ども(右)=7日午後、石垣市平久保

 「平久保校区に子どもを増やそうプロジェクト」(吉田友厚実行委員長)が7日、石垣市北部の平久保地域で、「平久保チャリティー祭り」を開催した。来場者らは海岸でのサバニ乗船やSUP(サップ)などを体験し、飲食店などで食事。実行委員らと地域住民が平久保の魅力をPRした。
 現在、平久保校区では3世帯から平久保小学校(棚原広幸校長)に4人、ひらくぼ幼稚園(同園長)に1人が通う。校区の保護者らが「平久保に子どもたちを増やしたい」との願いから昨年、地域をPRするプロジェクトを発足させた。
 保護者自らが営む観光事業と地域住民らの事業とが協力し、安価に利用できるチャリティーイベントを行なっている。
 第2弾の今回はサバニ体験やバナナボート、与那国馬ひきうま体験に加え、バギー体験とSUPでのマングローブ探検も実施。
 飲食では飲食店「Seven Colors(セブン・カラーズ)石垣島」の平久保野菜カレー、BARAQUEのベトナム風サンドイッチ、ノソコマロロの弁当、移動販売車HOBOのドリンクが販売された。
 小澤さん家族(字石垣)、島袋さん家族(字新川)はそれぞれフェイスブックやチラシでイベントを知り来場。平久保に来る機会はほぼないという。真喜良小1年の島袋用麒(ゆうき)君はサバニ体験後、「もう1回乗っていい?」と何度も訪ねるほど気に入っていた。
 吉田実行委員長は「保護者のみんなが『何かしなきゃ』という思いで能動的に動いている。続けていくうちに、ゆっくり根強く校区に人数が増えていけば」と話した。
 開会式で棚原校長は「数少ない児童・園児だが、家族的な雰囲気で頑張っている。学力は全国水準以上ある。1人でも多く増えてほしい」とあいさつ。同校6年生の吉田宇良(うらら)さんは「今日はイベントにたくさん集まってくださり、ありがとうございます」とお礼を述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  10月に予定される消費税率引き上げに伴う消費喚起を目的とした「プレミアム付商品券」を広くPRしよう…
ページ上部へ戻る