キャリー准将「地域の安定守る」 嘉手納基地で司令官交代式

キャリー氏(写真中央)はシュナイザー氏(同左)から部隊旗を受け取った。写真右はカニングハム氏=8日朝、嘉手納基地

 米軍嘉手納基地(嘉手納町など)を運用する空軍第18航空団の司令官の交代式が8日、同基地で開かれ、新司令官にジョエル・キャリー准将が就いた。2017年7月から司令官を務めたケース・カニングハム准将は、米インド太平洋軍司令部に異動となった。
 式典で、第18航空団の青色を基調にした旗を受け取ったキャリー准将は「日本とのパートナーシップは今までにないほど重要になっている。インド太平洋地域の安定した環境を守っていく」と語った。
 第5空軍の司令官を兼務するケビン・B・シュナイザー中将も参列。中国とロシアへの米軍の即応力を強化したカニングハム氏の功績をたたえた。
 キャリー准将は戦闘機のパイロットとして長時間の飛行経験を持ち、F15戦闘機などを操縦していた。18年6月からはアフガニスタンで第438航空遠征航空団の司令官を務めていた。沖縄勤務は3回目。同基地が保有する戦闘機F―15Cのパイロットとして1度赴任し、2回目は部隊長を務めた。
 嘉手納基地は、約3700メートルの滑走路が2本ある極東最大の米空軍基地となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る