キャリー准将「地域の安定守る」 嘉手納基地で司令官交代式

キャリー氏(写真中央)はシュナイザー氏(同左)から部隊旗を受け取った。写真右はカニングハム氏=8日朝、嘉手納基地

 米軍嘉手納基地(嘉手納町など)を運用する空軍第18航空団の司令官の交代式が8日、同基地で開かれ、新司令官にジョエル・キャリー准将が就いた。2017年7月から司令官を務めたケース・カニングハム准将は、米インド太平洋軍司令部に異動となった。
 式典で、第18航空団の青色を基調にした旗を受け取ったキャリー准将は「日本とのパートナーシップは今までにないほど重要になっている。インド太平洋地域の安定した環境を守っていく」と語った。
 第5空軍の司令官を兼務するケビン・B・シュナイザー中将も参列。中国とロシアへの米軍の即応力を強化したカニングハム氏の功績をたたえた。
 キャリー准将は戦闘機のパイロットとして長時間の飛行経験を持ち、F15戦闘機などを操縦していた。18年6月からはアフガニスタンで第438航空遠征航空団の司令官を務めていた。沖縄勤務は3回目。同基地が保有する戦闘機F―15Cのパイロットとして1度赴任し、2回目は部隊長を務めた。
 嘉手納基地は、約3700メートルの滑走路が2本ある極東最大の米空軍基地となっている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る