きょう高良氏、12日安里氏来島 八重山、候補者不在で関心低調

4日の出陣式で支持を訴える安里氏=浦添市(右)。4日の出発式で支持を訴える高良氏=名護市

 21日投開票の参院選で、琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)は10日、前シンバホールディングス会長の安里繁信氏(49)は12日に、それぞれ八重山入りする。遊説などで支持を訴えたあと、夜には演説会に臨む。候補者不在の八重山では選挙戦の盛り上がりを欠くが、両陣営の八重山選対は候補者の来島をきっかけに、有権者の関心や支持拡大の気運を高めたい考えだ。
 高良氏は10日午後、与那国から石垣入りし、陸上自衛隊配備計画が進む平得大俣地区などを訪れる。市街地での遊説も計画している。基本政策には陸自配備反対を盛り込んでいる。
 午後7時半から市民会館中ホールで比例候補の仲村未央氏(社民)、島袋恵佑氏(共産)との個人演説会を開催する。
 安里氏は12日午前、宮古から石垣入りし、午後からJA前交差点、730交差点、ビレッジバンガード前交差点の3カ所での街頭演説や支持者との懇談を計画している。
 午後6時半からアートホテル石垣島で比例候補の河野義博氏(公明)との合同演説会を開催する。
 八重山選対では両陣営とも県議を中心に、市議、町議らが実働部隊として支持拡大を図っている。市街地での辻立ちなども活発に行われている。
 八重山では自民、公明、維新の連携をバネに選挙戦を進める安里氏と、革新政党や労組などの支援を受ける高良氏が対決し、従来の「保守対革新」の構図。無党派層の動向も得票のカギを握る。沖縄選挙区には磯山秀夫氏(72)、玉利朝輝氏(60)も立候補している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る