ヒアリ集団確認されず 目視と仕掛けで調査 石垣港

ヒアリ調査で仕掛けられたトラップを回収する沖縄県環境科学センターの小笠原敬課長=10日、石垣港内コンテナ集積箇所

 南米原産の有毒外来生物「ヒアリ」の侵入防止のため、環境省は全国の主要港湾65カ所で確認調査を行った。このうち石垣港では委託を受けた沖縄県環境科学センターが10日、石垣港内のコンテナ集積箇所120カ所で目視と仕掛けたトラップを調査した結果、集団でのヒアリは確認されなかったと発表した。個体の調査は、回収したトラップから顕微鏡で確認が行われる。
 ヒアリの毒針に刺されると激痛が走り、アレルギー反応や呼吸困難に陥ることもある。既に生息が確認されている中国、台湾からの定期コンテナ航路を有する港湾で夏と秋の年2回実施されている。
 調査をした同センターの小笠原敬課長は「日本では定着してる巣は見つかっていないが、中国、台湾からの物流が盛んになると侵入する可能性が高まる」と侵入への警戒感を示した。
 沖縄県では石垣港のほか、那覇港で調査され、これまで発見された事例はないという。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山観光フェリー㈱(大松宏昭代表取締役社長、YKF)と㈲安栄観光(森田安高代表取締役)は7日、中…
  2.  国内最大クラウドファンディングサービス会社、Ready For(レディフォー)株式会社は、「新型コ…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の安里哲好会長は7日午後、県庁で記者会見し、症状がある…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る