来年2月に国際IT見本市 「リゾテック沖縄」事業構想

国際IT見本市の実行委員会には、沖縄県や県情報産業協会、沖縄ITイノベーションセンター、県内大手旅行業など、関連団体が多数参加している=9日、県市町村自治会館

 リゾテックおきなわ国際IT見本市実行委員会(稲垣純一委員長)は9日、県市町村自治会館で、同事業構想の発表会を行った。リゾテック(ResorTech)はリゾート観光とITを組み合わせた造語で、沖縄が持つ観光地としての強みを生かし、農水産業、小売、医療などとITとの組み合わせを進め、社会変革を目指す概念。自動運転やドローンなどの先端技術の革新も目指す。稲垣委員長は「リゾテック沖縄というブランドを世界に発信したい。新ビジネスの創出を促進していく」と述べた。
 同事業では、実証事業の導入支援や、技術者育成、新事業の開発支援を進める。年一回の国際IT見本市の開催も目指す。来年2月5日から7日まで、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで「おきなわ国際IT見本市」を試験的に開催する。
 IT技術者や観光、交通、飲食、小売などの各業界関係者に加え、自治体関係者などの来場も予定する。
 実行委では、出展する企業や団体を募集する。専用ウェブサイトhttp://resortech・okinawa/で申し込みを受け付ける。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  さまざまな社会問題に対し、勇気をもって行動を起こしている女性リーダーたちに贈られる第3回チャンピオ…
  2.  石垣市役所第2駐車場交差点前の花壇で11日夕、クリスマスイルミネーションが点灯した。石垣市が毎年実…
  3.  八重山特別支援学校(古我知博樹校長)の2019年度・講師招へい公開研修が10日午後、同校で開かれ、…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
ページ上部へ戻る