みんさー織りに挑戦 特別支援校の生徒、真剣に

織り機を使い、みんさー織りの実習に取り組む八重山特別支援学校高等部の生徒=11日午前、同校

 八重山特別支援学校(古我知博樹校長)高等部のみんさー織り実習が11日、同校で開かれ、2、3年生の生徒6人が、専門的な織りの工程について真剣な表情で指導を受けた。
 みんさー織りに関心を持ってもらおうと毎年実施されている実習。6月のみんさー工芸館見学から始まり、生徒は今月、同工芸館取締役常務の大浜公江さんから一つひとつの工程を教わっていた。
 この日は糸を巻いたり、織り機を使った「綜絖(そうこう)通し」と呼ばれる作業などに取り組んだ。織り機が「トン、トン」と音を立てるのに合わせ、大浜さんは生徒の近くに立って優しくアドバイスした。
 山口陽向さん(2年)は「難しいところもあったけど、頑張ってできたので良かった。綜絖通しがリズムもあって楽しかった」と笑顔を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う~比嘉聰・大倉源次郎 人間国宝認定記念公演~」(主催・同実行委…
  2.  大学入試センター試験が18日、全国689会場で一斉に開始された。会場となった県立八重山高校での志願…
  3.  石垣市婦人連合会(石垣敦子会長)が18日午後、市新川出身で、女性初の関東沖縄IT協議会会長として活…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る