みんさー織りに挑戦 特別支援校の生徒、真剣に

織り機を使い、みんさー織りの実習に取り組む八重山特別支援学校高等部の生徒=11日午前、同校

 八重山特別支援学校(古我知博樹校長)高等部のみんさー織り実習が11日、同校で開かれ、2、3年生の生徒6人が、専門的な織りの工程について真剣な表情で指導を受けた。
 みんさー織りに関心を持ってもらおうと毎年実施されている実習。6月のみんさー工芸館見学から始まり、生徒は今月、同工芸館取締役常務の大浜公江さんから一つひとつの工程を教わっていた。
 この日は糸を巻いたり、織り機を使った「綜絖(そうこう)通し」と呼ばれる作業などに取り組んだ。織り機が「トン、トン」と音を立てるのに合わせ、大浜さんは生徒の近くに立って優しくアドバイスした。
 山口陽向さん(2年)は「難しいところもあったけど、頑張ってできたので良かった。綜絖通しがリズムもあって楽しかった」と笑顔を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  トランプ前大統領が映画『ホーム・アローン2』に登場する。そのシーンを削除するかどうかが話題らしい。…
  2.  八重山防衛協会が昨年、八重山地区への海上自衛隊誘致を防衛省に要請した。海自配備にはどのような意義が…
  3.  新型コロナウイルス感染拡大に伴う「GOTОトラベル」停止や緊急事態宣言の影響で、八重山地区の観光関…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る