みんさー織りに挑戦 特別支援校の生徒、真剣に

織り機を使い、みんさー織りの実習に取り組む八重山特別支援学校高等部の生徒=11日午前、同校

 八重山特別支援学校(古我知博樹校長)高等部のみんさー織り実習が11日、同校で開かれ、2、3年生の生徒6人が、専門的な織りの工程について真剣な表情で指導を受けた。
 みんさー織りに関心を持ってもらおうと毎年実施されている実習。6月のみんさー工芸館見学から始まり、生徒は今月、同工芸館取締役常務の大浜公江さんから一つひとつの工程を教わっていた。
 この日は糸を巻いたり、織り機を使った「綜絖(そうこう)通し」と呼ばれる作業などに取り組んだ。織り機が「トン、トン」と音を立てるのに合わせ、大浜さんは生徒の近くに立って優しくアドバイスした。
 山口陽向さん(2年)は「難しいところもあったけど、頑張ってできたので良かった。綜絖通しがリズムもあって楽しかった」と笑顔を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部(内間敬太郎主将)は3日、県高校野球夏季大会の優勝から一夜明け、深紅の優勝旗を先頭…
  2.  石垣市で7月から新型コロナウイルスの感染者が急増したため、県立八重山病院の感染症用病床9床が2日、…
  3.  高校野球の2020年夏季大会は2日の決勝で、八重山高校がKBC学園未来沖縄を4―2で破り、初優勝を…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る