みんさー織りに挑戦 特別支援校の生徒、真剣に

織り機を使い、みんさー織りの実習に取り組む八重山特別支援学校高等部の生徒=11日午前、同校

 八重山特別支援学校(古我知博樹校長)高等部のみんさー織り実習が11日、同校で開かれ、2、3年生の生徒6人が、専門的な織りの工程について真剣な表情で指導を受けた。
 みんさー織りに関心を持ってもらおうと毎年実施されている実習。6月のみんさー工芸館見学から始まり、生徒は今月、同工芸館取締役常務の大浜公江さんから一つひとつの工程を教わっていた。
 この日は糸を巻いたり、織り機を使った「綜絖(そうこう)通し」と呼ばれる作業などに取り組んだ。織り機が「トン、トン」と音を立てるのに合わせ、大浜さんは生徒の近くに立って優しくアドバイスした。
 山口陽向さん(2年)は「難しいところもあったけど、頑張ってできたので良かった。綜絖通しがリズムもあって楽しかった」と笑顔を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  中国共産党・政府の暴力的な体質を、世界にまざまざと示した事件だった。  中国当局が学生らの民主化…
ページ上部へ戻る