クルーズ航路、日台連携を 台湾関係者が県側に要望

あいさつする台湾交通部の黃玉霖政務次長(写真奥中央)。手前が沖縄側の関係者=那覇港管理組合

 台湾の国土交通省である台湾交通部や、那覇港管理組合とMOUを結ぶ台湾港務株式会社(TIPC)の関係者ら10人がこのほど、クルーズ船で那覇入りし、同組合を表敬訪問した。沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の関係者とも意見交換した。台湾側は、中国、韓国、フィリピン、台湾などの各港湾が持つクルーズ航路を組み合わせた枠組み「ACC」に沖縄も入るよう求めた。
 沖縄側は、県の構想である「東洋のカリブ海構想」を組み合わせれば、九州から東南アジアまでを結ぶ巨大なクルーズ網ができると期待した。
 同組合を表敬訪問したのは、台湾交通部の黃玉霖政務次長やTIPCの林宗榮会長。沖縄側からは、組合の常勤副管理者の田原武文氏やOCVBの親川達男専務理事が参加した。
 親川氏は「東洋のカリブ海構想」について、沖縄に入るクルーズ客を2020年までに200万人にする目標もあると説明。「飛行機で入域した観光客が沖縄からクルーズ船に乗り、いろいろな所を回る。クルーズバースの整備はこれから行う」と述べた。今年10月にはイタリアのクルーズ船運航会社「コスタ・クルーズ」が那覇発着の旅行商材の販売を開始すると述べた。
 台湾交通部観光局の林坤源書記長は「沖縄がACCに参加することで東太平洋を巡る航路はより充実する。欧米客もこの航路に関心を持つと思う」と強調した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る