活動で自立心養う 小中学生9人が結団式に 石垣海洋少年団

結団式を終えた前田団長(後列中央)と多賀富治夫副団長(団長右)、団員ら=13日午後、石垣港湾合同庁舎会議室

 海洋活動を通して青少年の健全育成を図ろうと設立された「石垣海洋少年団」(前田博団長)の結団式が13日午後、石垣港湾合同庁舎会議室で開かれ、団員9人に団員手帳と会員証が交付された。団員は今後、ビーチクリーンなどのボランティア活動や手旗信号、航海訓練など、さまざまな海洋活動を実施。海の知識を遊びながら体得し、安全を身につけ、自立心を養いながら自分の身は自分で守ることを目指す。
 ヨットによる地球一周などを経験している前田団長は結団式で「『海は危ない』と言われるが、危険だからこそ体験の場が必要」と強調。8月に東京で行われる国際交流日本ジュニアヨットクラブ競技会を挙げ、「自信を持って近隣諸国の子どもたちと交流できるようにもなる」とも話した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第39回全国中学生人権作文コンテスト沖縄県大会(主催・那覇地方法務局、県人権擁護委員連合会)表彰式…
  2.  県議会11月定例会の本会議が10日、県議会で開かれ、玉城デニー知事は沖縄県LGBT宣言について「国…
  3.  10日の石垣市議会一般質問で中山義隆市長は、4期目を目指すか問われ「市長はそのつど選挙で選ばれる。…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る