「気持ちに近づけた」 視覚障がい者支援学ぶ

金属入りで音の鳴るボールを転がしてプレーする「サウンドテーブルテニス」を行う今里君(左)と内間君=14日午後、市健康福祉センター

 「視覚障がい者支援奉仕員(サポーター)養成講座」(主催・石垣市福祉部障がい福祉課)が14日、市健康福祉センターで行われた。沖縄伴走ランナーネットワーク八重山支部(宮良常支部長)の協力の下、視覚障がい者と受講生を含めた約30人が交流。受講生らは体験を通して、サポーターに必要な支援方法や技能を学び、視覚障がい者の立場に近づこうと努めた。
 受講者らはアイマスクを着用し、視覚障がい者などから介助する際のポイントなどを教わりながら、トイレ・食事などの介助方法、卓球台で金属入りボールを転がす「サウンドテーブルテニス」、複数人で走行する「タンデム自転車」などを体験した。
 八重山高校2年の内間圭祐君(17)は「負担をかけずに介助する方法やコミュニケーションの取り方が学べた。福祉の難しさが分かったし、障がい者の気持ちに近づけた」と実感。
 同校2年の今里輝君(16)は身の回りの障がい者への理解を深めようと参加。「今、自分にできることをしておきたい。将来は貧しい国の支援などもしたい」と意気込んだ。
 同支部の圷寿男事務局次長(53)は「どこに行くにもサポートが必要なのに、それが少ないのが現状。ちょっとしたコツを知ってもらい、サポートにまわる人が増えてほしい」と話した。
 28日には障がい者災害時支援奉仕員養成講座を行う。申し込みは℡82・9947(同課) 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  約600年の伝統があると言われ、国の重要無形民俗文化財の指定を受ける竹富島の「種子取祭(タナドゥイ…
  2.  試合後、新里和久監督はミーティングを開き、部員らに「野球さえ良ければ良いという考えじゃなく、人とし…
  3.  県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る