「気持ちに近づけた」 視覚障がい者支援学ぶ

金属入りで音の鳴るボールを転がしてプレーする「サウンドテーブルテニス」を行う今里君(左)と内間君=14日午後、市健康福祉センター

 「視覚障がい者支援奉仕員(サポーター)養成講座」(主催・石垣市福祉部障がい福祉課)が14日、市健康福祉センターで行われた。沖縄伴走ランナーネットワーク八重山支部(宮良常支部長)の協力の下、視覚障がい者と受講生を含めた約30人が交流。受講生らは体験を通して、サポーターに必要な支援方法や技能を学び、視覚障がい者の立場に近づこうと努めた。
 受講者らはアイマスクを着用し、視覚障がい者などから介助する際のポイントなどを教わりながら、トイレ・食事などの介助方法、卓球台で金属入りボールを転がす「サウンドテーブルテニス」、複数人で走行する「タンデム自転車」などを体験した。
 八重山高校2年の内間圭祐君(17)は「負担をかけずに介助する方法やコミュニケーションの取り方が学べた。福祉の難しさが分かったし、障がい者の気持ちに近づけた」と実感。
 同校2年の今里輝君(16)は身の回りの障がい者への理解を深めようと参加。「今、自分にできることをしておきたい。将来は貧しい国の支援などもしたい」と意気込んだ。
 同支部の圷寿男事務局次長(53)は「どこに行くにもサポートが必要なのに、それが少ないのが現状。ちょっとしたコツを知ってもらい、サポートにまわる人が増えてほしい」と話した。
 28日には障がい者災害時支援奉仕員養成講座を行う。申し込みは℡82・9947(同課) 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
  2.  第4回いしゃなぎら字会学級「親子で竹とんぼを作ろう」が18日、石垣公民館で開かれ、石垣青年会の希望…
  3.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、平得大俣地区の駐屯地建設予定地の半分を占める市有地の売却議案は、市…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る