全国大会出場者へ支援 初めて育成奨励金授与 八重山郡体育協

奨励金を受け取った全国大会に出場する選手ら=17日、石垣市中央運動公園屋内練習場

 八重山郡体育協会(長浜信夫会長)は八重山郡のスポーツ振興を目的に17日夕、石垣市中央運動公園屋内練習場で育成奨励金交付式を行い、長浜会長から夏季県大会・全国大会へ出場する選手16人に奨励金が手渡された。
 県大会を経て全国大会に出場する個人及び団体を対象に、同会が奨励金を授与するのは初めて。同会は選手の遠征の負担を少しでも緩和しようと、企業に協賛金を依頼する主意書を配布し、17日までに2企業1法人から20万円の資金が集まった。
 長浜会長は「支えてくれた人への感謝を忘れず、悔いの無いよう、ありったけの力を発揮して頑張って下さい」と激励した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山地区で今年に入り、8月までの自殺者数が7人になり、昨年1年間と同数になったことが八重山保健所…
  2.  石垣市は1日、尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更した。6月議会で字名の変更議案を賛…
  3.  萩生田光一文部科学相が29日石垣入りし、予算削減で来年度以降の存続が危ぶまれている国立天文台のVE…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  第30回日本最西端与那国島国際カジキ釣り大会(主催・与那国町)のサブイベントで6日、久部良漁港隣の…
ページ上部へ戻る