沖縄初プロ野球チーム設立 元楽天の田尾氏らも出席

記者発表する(右から)小林氏、田尾氏、北川氏=18日、県庁

 スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」を設立したと発表した。キャンプを行うプロ球団が多い沖縄で、県民の野球に対する情熱の受け皿をつくり、地元出身の野球選手らに働く場を提供する狙い。
 東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督を務めた田尾安志さんが、エグゼクティブアドバイザーに就任。会見で「沖縄で野球をやりたい人は多いと思う。できる限り、良い環境でプレーをさせたい。少しでも手助けできれば、という気持ちだ」と抱負を語った。球団社長は、元横浜DeNAベイスターズ投手の小林太志さんが務める。
 球団は独立リーグに所属せず、国内のプロ球団の2・3軍や台湾のチームなどと試合を重ねながら、日本野球機構(NPB)への参入を目指す。
 本拠地は宜野湾、浦添両市に置き、運営費はスポンサーからの広告料などで賄う。
 球団によると、今年10月に球団スタッフを正式決定し、11月にトライアウトを行って選手を募り、年末には入団選手を正式決定する予定。また来年1月には正式に球団活動を開始する予定だという。セ、パ両リーグのチームが沖縄でキャンプインする2月ごろは、宮古島で活動する。収益は試合による収入だけでなく、沖縄進出を計画する本土企業からの広告収入も視野に入れる。
 トライアウトへの参加を希望する県内出身者も多数いるという。指導者層である球団スタッフについても、口頭で著名な球界関係者に参画を打診している。小林氏は、現役時代に宜野湾市でキャンプした経験がある。「県民が直接応援できるチームを自分たちで作りたい」と意気込んだ。
 球団ロゴは、南風原町出身で県内の出版企業に勤める多良間勇作氏がデザイン。大交易時代に活躍した進貢船をイメージした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る