明け方の空に部分月食 石垣島天文台 堀内さん撮影 直径の2割が欠ける

月の2割が欠けた部分月食=17日午前5時21分、石垣島天文台で撮影(堀内貴史特任研究員が撮影)

 17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。
 月食は地球の影に入った月の一部が欠けて見える現象で、部分的に隠される部分月食と全て隠される皆既月食があり、今回の現象は九州沖縄地方などで見られる部分月食のうちでも、特に欠けたままの状態で月が西の空に沈む月入帯食と呼ばれる現象。
 同日の明け方は雲が頻繁に通過するような天候だったが、堀内さんが明け方の空に沈む前の月の見かけの直径の2割が欠けている食分0・2の月をタイミングよく撮影することに成功した。
 前回、石垣で見られる部分月食が起こったのは 2017年8月8日、皆既月食が起こったのは18年7月28日。次回は21年で、皆既月食は5月26日、部分日食は11月19日となる。
 (花山秀和・石垣島天文台特任研究員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る