夏休み「何しよう」 各学校で一斉に終業式

担任から通知表を受け取る1年生=19日午後、海星小学校

 郡内の小中学校で19日、1学期の終業式が行われ、児童生徒たちは20日から44日間の夏休みに入った。各校では通知表を受け取った子どもたちが、家族旅行など、夏休み期間中のさまざまな計画に胸を膨らませた。
 海星小学校(崎山麻希校長、全校児童91人)では午前11時からカトリック石垣教会聖堂で終業式があり、各学年が1学期に頑張ったことを発表。その後、各教室で子どもたちに通知表が配られ、元気よく「ありがとうございます」とお礼の言葉を述べた。
 1年生は「みんなで仲良くお勉強をすること」「みんなで仲良く遊ぶこと」「みんなで助け合って働くこと」などの目標を、一人ひとりが大きな声で発表した。
 崎山校長は「みんな学校目標である友愛の心を持って何事にも取り組めたと思う。夏休みの間、やりたいことをチャレンジして。最初に頑張ろうと決めたことを頑張り続けて」と呼び掛けた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部(内間敬太郎主将)は3日、県高校野球夏季大会の優勝から一夜明け、深紅の優勝旗を先頭…
  2.  石垣市で7月から新型コロナウイルスの感染者が急増したため、県立八重山病院の感染症用病床9床が2日、…
  3.  高校野球の2020年夏季大会は2日の決勝で、八重山高校がKBC学園未来沖縄を4―2で破り、初優勝を…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…
ページ上部へ戻る