基地問題、振興に審判 参院選きょう投開票 安里、高良氏激戦

 参院選は21日投開票される。沖縄選挙区は自民公認の前シンバホールディングス会長、安里繁信氏(49)=公明、維新推薦=、無所属で琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)による事実上の一騎打ち。安里氏は新たな沖縄振興計画の策定、高良氏は米軍普天間飛行場の辺野古移設阻止を訴えの柱に掲げた。選挙結果は辺野古移設を巡る県と国の対立にも影響を及ぼすと見られる。21日深夜には大勢が判明する。
 安里、高良両陣営は20日夕、支持者を集めて那覇市で打ち上げ式を開き、両候補が最後の訴えに声を張り上げた。
 選挙戦で安里氏は、2021年度で現行の沖縄振興計画が期限切れになるにもかかわらず、県と国の対立が深刻化している現状に危機感を表明。自らが沖縄の声を政権の中枢に届ける決意を示した。
 高良氏は、安倍政権が民意に反して辺野古移設を進めていると批判。移設阻止、憲法改正反対、消費増税反対を政策の中心に据え、糸数慶子参院議員の「平和の一議席」継承をアピールした。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
ページ上部へ戻る