沖尚、興南破り甲子園へ 延長13回、死闘制する 高校野球沖縄大会

甲子園出場を決め、喜びを爆発させる沖縄尚学の選手ら=21日夕、沖縄セルラースタジアム那覇

 夏の甲子園出場をかけた第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会の決勝戦が21日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われ、沖縄尚学高校と興南高校が対戦した。沖尚が13回裏まで進んだ激闘を制し、5年ぶり8回目の甲子園出場を決めた。興南のエース・宮城大弥君は最後まで球威も衰えず、140㌔台ストレートを中心に1人で投げ続けた。対する沖尚は、13回表、2アウトから連続安打で出塁し、1・2塁に走者を進めた。続く2人の打者がフォアボールを選択。押し出しで8―7とし、これが決勝点となった。
 沖尚は1回表、4点先取しリードして試合を展開した。ただ、3回裏に同点に追いつかれた。投手は永山蒼君に交代し、更に得点を許すが、1点に抑えた。ただ、興南の堅守が壁となった。4回表はエース宮城君を打ち崩せず、5回表は1アウトで1・2塁とするもダブルプレーで抑えられた。6回表1アウト3塁で、高良魁君がスクイズに成功。5―5とした。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…
  2.  政府は20日、石垣市の尖閣諸島や島根県・竹島などに関する日本の立場を紹介する「領土・主権展示館」の…
  3.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る